今流行りの細マッチョの男性は、モテモテだという話しを聞きます。
細マッチョの人は、やはり筋トレを頑張っている人が多いです。

そんな筋トレ男子から、HMBという言葉を聞いたことがありませんか?

HMBとは、筋肉増強、肉体改造が期待出来る成分です。

栄養的な役割ではなく、筋肉に直接的に働きかけることが期待できます。
だからこそ、筋トレとHMBという組み合わせができたのですね。

HMBサプリが最近話題になっているのも納得です。

理想のカラダを目指すためには、内側からのサポートも必須です。
それにはHMBが一番適しているというわけですね。

ただ「HMBのサプリメントを飲むと下痢になる。」という話しも聞いたのです。

サプリメントの副作用なのかな?
と思っていましたが、どうやら、飲み合わせによって下痢をするという状態が起こるようです。

HMBサプリメントには「クレアチン」という成分が含まれています。
この「クレアチン」と相性の悪いものと一緒に飲んでしまうと、下痢になるという訳です。

「クレアチン」は、酸性の飲み物や多量のカフェインと当時に摂取してはいけないと言われています。
もし同時に摂取してしまったら、クレアチンのの成分が変性して、下痢やその他の副作用を起こす可能性があります。

酸性の飲み物と言えば、オレンジジュース、レモンジュース、グレープフルーツジュースなどが挙げられます。
多量のカフェインと言えば、コーヒー、栄養ドリンク、エナジードリンクなどが挙げられますので、ご自身でも注意して下さい。

また、クレアチンの飲み合わせ以外でも、HMBを摂取して下痢をしてしまう例があるようです。
それは、HMBの過剰摂取で起こります。

一般的にサプリメントを過剰摂取してしまった場合は、尿で排出されることが多いですが、下痢になることもあります。
これは、普段の食事の中でも、食べ過ぎて下痢してしまうというのと同じで、必要以上にHMBを摂取してしまうと、当然、下痢といった症状も考えられることですよね。

筋トレをしている方にとって、HMBはプロテインであったり、サプリメントだったりと、お世話になっている方も多いかと思います。
それでも、飲み合わせや飲み方によっては、下痢という一種の副作用のようなものが出てしまうのですから、こういったことの管理も筋トレの一つになりますね。

筋トレがブームになっている昨今。
それに伴って、プロテインやサプリメント商品もたくさん出てきています。
その中で、より効果を上げるために、それらを飲むわけですが、相性もありますよね。

自分には効果的ではなかったけど、他の人には効果があった。
というパターンも経験しているのではないでしょうか?

たくさんの筋トレサポート商品の中で、自分に合ったものを見つけることから始めるのが正解でしょうか。
折角なら、効果的なものと出会いたいですよね。
HMBの力は大きいです。